現在オリジナルストーリー 「あの日をもう一度」 不定期ながら公開予定
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注目の楊志館vs長崎日大戦
共にノーシードで勝ち上がった勢いのあるチーム
共に守備が良く、エースの攻略が勝敗の鍵になりそうだ。



というわけで、さっそく結論


楊志館 1 - 7 長崎日大


長崎日大が効率よく得点をあげ楊志館を退けました。

今大会私のオススメ投手の甲斐は甲子園初戦と時同様にストレートが走っており143kmをマーク
しかし制球が定まらず思った投球ができていませんでした。

長崎日大も流石はベスト8というべきでしょうか
相手投手をよく研究しているなとはっきりわかる甲斐攻略をしています。

まぁ、途中明らかに それはリードミスだろ! っていうシーンで失点していましたが

低めに来るストライクのスライダーはことごとくバットで捕らえ(もちろん打ちとってもいる)
140kmを超えるストレートはコンパクトに打ち返し、無理に引っ張らず流し打ち。

甲斐は決して連打を許しているわけではないのですが
コツンとミートされた打球がスリーベースになって犠牲フライで失点。

一方、甲斐を援護したい打線は初回に1点を返すも長崎日大浦口⇒小山の前に要所を締められ反撃は1点に終わった。


今大会を通じて楊志館戦は3試合見ましたが
攻めるエースがチームの守りのリズムを良くし、ここぞというところで集中打で一気に試合を決める。
攻撃重視ではないが、とてもバランスのとれたチームだと思いました。

私のお気に入りの甲斐は、まだまだ荒削りではありますが、気持ちのこもったボールを投げれる投手。
ぜひプロ(横浜)へ進んで投げる姿を見たいですね。

プロのマウンドでも全身のバネをフルに生かし大胆にストレートを投げ込んでほしいですねっ。



初戦で見たあの高速スライダーを、もう一度みたいです
スポンサーサイト
対日ハム戦で今期3度めとなる完封11勝目をあげました!


どうも我らの成瀬君です!

チーム内でも小林宏に並ぶ11勝

しっかりとチームの柱になっています。


昨日は9イニングで136球を投げましたが、スタミナもあることを証明させましたね。
散発5安打、三塁を踏ませない見事なピッチング
なんといっても、無四球はもはや特徴といってもいいですね。
8個の奪三振のうち7個は5回までに奪ったかず。
後半は打たせてとるピッチングで日ハム打線を沈黙させました。

8回に追加点で2-0になっても、守護神を温存し完投させる。
信頼があるから、途中交代せず最後までマウンドにたっていられるんですね。

去年からの成長ぶりが伺えます!


これで防御率は1.70(セ・パ一位)勝率.917(セ・パ一位)

持ち味の制球とキレがフルに発揮され、札幌ドームは成瀬劇場となりました!

楊志館vs開星

スコアだけ見れば楊志館の圧勝に見えなくも無いけど
実際は違う。

楊志館は打線・投手ともに調子が出ず苦しい展開。
開星の投手吉田は球速を抑え、丁寧に低目をつき楊志館打線を封じ込める。
6回裏の6失点意外のイニングは全て完璧に抑えただけに
6回裏だけが悔やまれるところ。

一方、楊志館甲斐は初回からランナーを背負う苦しいピッチングが最後まで続く。
相手打線のファーストストライクは直球だろうが変化球だろうが
確実にミートさせていくバッティングに、やや嫌な感じを覚え攻めきれない投球に。
味方の鉄壁の守備にも助けられ、さらに相手のバントミスなど6回まで1失点でなんとか切り抜け粘りの投球を見せる。
けれど、初戦のような積極的で攻めのピッチングが見れない。
唯一良かったイニングがあるとすれば、6回の表の内容。

このイニングは本来の姿が見え始め、復調の兆しが見えリズムよく抑えきると、その裏自身のタイムリーを含む6得点で逆転。

守備のリズムが生んだ逆転劇といってもいいだろう。

しかし、今日の甲斐はそれでも立ち直れなかった。
直後の7回に2失点。
8回9回もランナーを背負うが、執念で守りきり楊志館の勝利。


全体の流れでは開星が終始押してゲームを進めていたが
大事なとこで追加点がとれず、流れを引き込むことができなかった。
打撃も守備をバランスがよく、すごく良いチームだっただけに残念でもあります。

勝った楊志館はここぞというときの畳み掛ける打撃は健在。
守備も安定しているので、エースの甲斐がどこまで本来のスタイルで投げれるかが
今後の試合の大きな鍵になるだろう、と思う。

スタミナ面では不安は一切なさそうなので
あとは相手打線の積極的なバッティングに負けないよう投げられれば・・
夏コミのレポ




じゃないですよwww




高校野球です。甲子園です。甲斐ですぅ(何


今日前回の試合でお気に入りになった楊志館高校の第二回戦です。
正統派投手甲斐のピッチングが楽しみですねぇw

一回戦での内容をみると、もうプロもほっとかないでしょうね!

ええ、もぅぜひ横浜へ!!(ぁ


今日は第二試合なので、開始予定は11時
仕事が終わってからそっこーで帰れば間に合う時間ですが、残業1時間確定しているので・・・(泣

中盤くらいからは見れるかなと思っていますが^^;
夏の甲子園6日目
第三試合 高知 対 楊志館


両チームとも守備の堅いチームで地区大会をエースで勝ち上がってきた。

先発投手と守備力がカギになりそうですね。


高知先発国尾は130km前後のストレート低めに月つき
大きく落ちるスライダーを武器に打たせて取るピッチング

楊志館先発甲斐はMAX145kmのストレートを武器に変化球はクっと曲がるスライダー(見た限りだと高速スライダー)


個人的には「甲斐」という名前だけで、ちと見たい投手ではありますがw
1回2回と、なかなか小気味良いピッチングをしています。

国尾は制球が定まらず2回に四球とエラーで一挙4点を失う。


だが、まだ試合は始まったばかり!



16:19

現在7回表まで進み
高 知 3
楊志館 4

高知は5回までは楊志館・甲斐の攻めの投球の前に手が出ず
縮こまる打撃が目立ち、なかなか連打が出ない。
6回にようやくファーストストライクを狙いはじめ甲斐にプレッシャーを与えていく。
そして7回、簡単にストレイクを取りにいけなくなった甲斐は初球からストレート・スライダーを際どいとこへと投げ込んでいくが
積極的な打撃を展開しはじめた高知打線に甘く入ったスダイダーを狙われ2点を失う。
この試合バックが好調な楊志館、7回は2点で凌ぎきる。

一方、高知の国尾は序盤の4失点から徐々に調子を上げ
その後の追加点は与えず6回まで0点で抑える。

7回裏1点差とされた楊志館打線は国尾のわずかな甘い球を逃さず弾き返し2点を追加
再び6-3と突き放す。

試合は終盤8回へ突入!



16:34


8回表
先頭打者にポンポンとストレートでストライクを取るも
決め球のスライダーが抜け、この試合初の死球。
続く打者に外角のストレートを狙われレフと前へ。
ノーアウト一・三塁になるが、次打者を内野ゴロ5-4-3とダブルプレー2アウト三塁とする。
続く5番打者には三遊間真っ二つに打ち返され1失点するが
6番打者の痛烈レフト線への打球をファーストがジャンプ一番ファインプレー!グラブの先で補球。

6-4となって8回裏へ。

国尾は2アウトから3ベースを許し、続く打者に10球粘られるも気合で打ち取り0に抑え9回最後の攻撃へ移ります。


16:54


9回表
高知は欲しかったランナーをノーアウトで出塁。
続く打者はピッチャーの国尾ですが、代打起用
粘るもファーストフライでランナー進められず1アウト
この試合当たっている9番~上位打線
その9番片岡が2ストライクと追い込まれながらも
外角のストレートを見事に弾き返し1アウト一、二塁!
続く打者は積極的に初球を狙うも球威に押されキャッチャーフライで2アウト
甲斐は130球以上を投げてもまったく球威は衰えず
スライダーを見せ球にガンガンストレートで押し込み
最後は今日の最速143kmのストレートでファーストゴロにしとめ試合終了。


初出場の楊志館が初戦を突破です。


高知国尾と楊志館甲斐、素晴らしい投げあいでした!

思わず一試合まるまる見てしまった!
2007年8月7日付

GYAO B-ch

・舞-HiME
・はぴねす!
・Simoun
・ひぐらしのなく頃に
・鎧伝サムライトルーパー


不定期更新

・魔法遣いに大切なこと
・MURDER PRINCESS


月曜更新

・ななついろ★ドロップス


我らの成瀬君がついについに!

二桁"。・:*:・゚☆ ネ兄 月劵 禾り ,。・:*:・゚☆"の10勝(1敗)を達成

応援し続けてはや1年が経とうとしておりますが
こんなに早くエース級にまで成長してくれるなんて・・・(涙

今じゃロッテ投手陣では2番目の勝利数(1番は小林宏の10勝)
個人成績ではセパ合わせても防御率1.70はダントツの一位!!

去年から今年の初めまでは責任回数5イニングか6イニングまでの登坂でしたが
ここ最近では初完封を始め完投数4と中継ぎにお休みをプレゼントするという素晴らしい投球内容。
投球回数110イニングにたいして、与えた死四球22
これは恐るべき安定感ですよ。

杉内(149イニングで32個)
ダルビッシュ(142イニングで50個)
高橋尚(130イニングで35個)
内海(128イニングで45個)

ちなみに、私がセリーグで今年一押しの外人投手のグライシンガーは
136イニングで21個と抜群の安定感を見せています。
春先にまだグライシンガーの評価がそれほど高くないころ
来日初完封を成し遂げたとき、監督インタビューで古田のひと言が印象的でしたね。

「グライシンガー様様」

あの古田がそれほどまでに絶賛した投手。
ならば、注目しないわけにはいかないでしょうってことで。
毎回どんなピッチングをするのか楽しみにしていたら、すっかりファンになってしまいましたw

パに成瀬 セにグライシンガー

今年は安定感のある投手がブレイクしそうですね。


さてさて、話は変わり、いま仕事場のTVには去年の甲子園の特集がやっておりまして
早実と駒大苫小牧の試合のVTRが出てまして
あの斉藤と田中の投げあいは本当にすごかったですね。
まさか、斉藤が150kmオーバーのストレートを投げるなんて
そのとき誰が想像できたでしょう。
当の本人ですら今は150kmは出ないでしょうし、あの時のピッチングを毎回されたらひとたまりもないですね。

甲子園という舞台は、時に潜在能力を100%引き出すことができ
さらに、120%の力を出せる特別なフィールドになっているみたい。

そこで輝いていた自身を超えないことには、その先に未来は無い。
斉藤自身ですら、怖い、と話していた(某番組のインタビューにて)

その特別な舞台での輝きを超えたとき、桑田や清原、松坂のようなスーパースターになれるのではないでしょうか。

楽天の田中みたく闘士まるだしの投手も好きですけどw

成瀬もストレートがあと5km伸びれば・・・
せめて145kmまでなれば、確実に日本球界一の投手になれます。

調子が良くても140kmでるかでないか。
普段は136kmとかのストレートでここまでの活躍ですからね。
ジャイロボールという異質な球筋を持ち、コントロールも抜群。
あとはスピードのみ。

これは欲張りってもんでしょうかねw

今年一年ローテを守れれば、さらに自信がつき、来年はエースとしての自覚が芽生え始めるのではないでしょうか!
(期待しすぎかなw)
しゃーない、良いピッチャーなんですもんっ。


勝つ投手と負けない投手
どちらも、素晴らしいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。