現在オリジナルストーリー 「あの日をもう一度」 不定期ながら公開予定
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただいま絶賛放送中☆ミ

毎日ちゃんと見てますよー
何かと女子の試合が多く放送されがちですが
やっぱり男子のが面白いっ

今季限りで引退を表明しているアンドレ・アガシ
先日の試合で負けてしまい、ウィンブルドンは最後の姿となってしまいましたが。
打点の高いハードショットに球際を叩くスーパーライジング
テニスの新しいプレイスタイルを開拓したグッドプレイヤーですね。

もうあの姿が見れないと思うとものすごく寂しいものがありますが
テニスは大会ごとに、確実に新しいスターを誕生させていくものです。

今では絶対的王者世界ランク1位ロジャー・フェデラー
彼はどんなことにも冷静に対処でき、もう完成されらプレイヤーですね。
テクニックも言うこと無し、そして一番大きな差として表れれいるのが
並外れた精神力の持ち主ということ。
どんなに凄い技術やサーブを持っていようが、常にそれを発揮できなければ、なんの意味ももたない。
でも、フェデラーは常に最高のプレイをする。
調子が悪くとも、しっかり我慢のテニスをし自分のペースに持っていける精神力の強さこそ
絶対の王者の所以だと思うます。
あれでまだ25歳ですからね・・・
来年あたりまでは、王者に君臨しつづけるのではないでしょうか・・・

そんなフェデラーも全仏ではラファエル・ナダルに勝てないという。
ナダルは全仏2連覇でいづれもフェデラーを下しての優勝。
クレーコート60連勝の新記録まで樹立。
逆にクレー以外では勝てないという謎も(笑)(ベスト8当たりにはくるけど)

まぁ、彼はまだ20歳だし、これからまだまだ伸びるだろうし
経験を積めば芝やハードコートでも必ずトップに立てる。実力は持ち合わせていますしね。

アンディ・ロディックも有名ですよね。
超スピードのサーブを武器にしてます。(220km前後・現在最速のサーバー)
ストロークに安定性が無いせいなのか、よくわからない選手に負けてしまうことがシバシバ


フェデラーの次の王者として期待しているのが

カモーン!

の声が印象的な元世界ランク1位レイトン・ヒューイット
あれですよ、現代のツイストサーブ保持者(ぇー
というか、プレイスタイルが好きなんですよね。
とにかく、ノってる時のヒューイットは手がつけれないですね。
ラインギリギリのストローク。ストレート・クロス共にサイドラインを狙えるコントロール
一番の武器ともいえる抜群のフットワーク
かなり惚れ惚れします。
ただ、唯一の弱点が安定してプレイできないということでしょうか。
すぐキレる傾向が^^;
でも、キレてサービスエース連発~なんてのもよくありますが^^;

強くなるには、強くあるためには、精神力って本当に必要なのですね。

ヒューイットだけに言えることではないと思いますね。
普通大会を通して、全ての試合で実力を出し切るのは不可能。
悪い中でどう組み立てれるかで、決まってしまうのです。
ヒューイットは一度崩れると一気に崩れてしまう傾向がありますが・・・
どこかで、持ち直すことが出来ればトンでもなく巻き返してきますね。

それが象徴された試合が今まさにTVでやってますが(笑
ちょうど見始めたときに、第1セットを1-6で落とし、第2セットも0-3の時から。
数ゲーム見ていて、何でこの選手に負けてるんだろうと思いました。
0-3から7-5でひっくり返す。
相手のサーブとストロークが調子良くて、少々苦戦していたみたいです。
自分のサービスゲームを優位に進められないと辛いですから・・・。
でも、サーブへの慣れと、第2セットで粘れたことから調子を出し始め
ワンゲームストゥオール 第3セットは互いにキープしつつ5-5。

対戦相手のマルコス・バグダティスですが
結構良いプレイヤーですねぇ。ここ最近世界ランクを徐々に上げてきている成長株の選手。
まだ21歳。・・・顔見ると21には見えないなぁ・・
なんか、自分の勢いがそのままボールに乗ってる感じで凄い。

しっかり見ていると、ヒューイットが苦戦している理由が分かる気がします。
これは・・どっちが折れるか・・・かなぁ。
勢いからするとバグダティスか・・・
6オールになりタイブレークに突入。

(ううう~、サッカーも始まるよぉ~(><

1ポイントとるごとに力強さが増してくるなぁ・・バグダティス。
ヒューイット粘れるかな・・・

落ち着けヒューイット~~~ラケット投げるなっっ


いや~~~~
凄いタイブレークだったぁあ
序盤のサーブの勢いを取り戻したバグダティスが有利に進め
最後はヒューイットのサーブをリターンエース
この集中力は素晴らしいものがありますね!

第4セット入ってからの1ゲーム目でバグダティスがダブルフォルトしたんですが
え、この試合初のダブルフォルトですか!?
第4セットまで全てサーブのミス無しって・・・
そうとう自信があるサーブなんだろうなぁ・・

ストロークで自滅するヒューイット見るのは違和感たっぷりな気がします。。
ファーストサービスがフォルトでセカンドサーブになっても
そのセカンドサーブがツイストサーブ何ですから相手にしてみたら、かなり嫌なものですね。



さてさて、結局序盤の勢いを取り戻したバグダティスが押し切った形になり
1-6 7-5 6-7 2-6
で1-3でバグダティスの勝利。
かなり思い切りの良い選手で、プレイスタイルも多彩でヒューイットとしては
少し予測の立てづらい相手だったのかもしれませんね。
後は、ミスが多いとやはり勝つことは難しいということ。

マルコス・バグダティスという新たな新鋭の誕生でしょうね。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onepiece0927.blog27.fc2.com/tb.php/233-c5ef0b84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。