現在オリジナルストーリー 「あの日をもう一度」 不定期ながら公開予定
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楊志館vs開星

スコアだけ見れば楊志館の圧勝に見えなくも無いけど
実際は違う。

楊志館は打線・投手ともに調子が出ず苦しい展開。
開星の投手吉田は球速を抑え、丁寧に低目をつき楊志館打線を封じ込める。
6回裏の6失点意外のイニングは全て完璧に抑えただけに
6回裏だけが悔やまれるところ。

一方、楊志館甲斐は初回からランナーを背負う苦しいピッチングが最後まで続く。
相手打線のファーストストライクは直球だろうが変化球だろうが
確実にミートさせていくバッティングに、やや嫌な感じを覚え攻めきれない投球に。
味方の鉄壁の守備にも助けられ、さらに相手のバントミスなど6回まで1失点でなんとか切り抜け粘りの投球を見せる。
けれど、初戦のような積極的で攻めのピッチングが見れない。
唯一良かったイニングがあるとすれば、6回の表の内容。

このイニングは本来の姿が見え始め、復調の兆しが見えリズムよく抑えきると、その裏自身のタイムリーを含む6得点で逆転。

守備のリズムが生んだ逆転劇といってもいいだろう。

しかし、今日の甲斐はそれでも立ち直れなかった。
直後の7回に2失点。
8回9回もランナーを背負うが、執念で守りきり楊志館の勝利。


全体の流れでは開星が終始押してゲームを進めていたが
大事なとこで追加点がとれず、流れを引き込むことができなかった。
打撃も守備をバランスがよく、すごく良いチームだっただけに残念でもあります。

勝った楊志館はここぞというときの畳み掛ける打撃は健在。
守備も安定しているので、エースの甲斐がどこまで本来のスタイルで投げれるかが
今後の試合の大きな鍵になるだろう、と思う。

スタミナ面では不安は一切なさそうなので
あとは相手打線の積極的なバッティングに負けないよう投げられれば・・
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onepiece0927.blog27.fc2.com/tb.php/297-be916438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。